気になる!クリーンブース

クリーンブース導入

クリーンブース導入のメリット

気になる!クリーンブースクリーンブースは規定以上の清浄度レベルで管理している空間のことで、工場や食品加工の現場・病院などさまざまな分野で利用されています。
大きく分けると塵埃を入れないことを目的としたクリーンブースと危険物質を外に出さないことを目的としたクリーンブースとがあります。
導入するためには設置費用がかかりますし、常に稼動し続ける必要があるため運転のための費用もかかります。
しかしながらそれを上回るメリットがあるのです。
清浄度が高い空間のほうが製品を作る際の不良品が出る率は下がります。
製品の品質も上がります。
事件や事故が起こる可能性も下がります。
もしも異物混入が発覚すれば商品を回収する必要が出てきますし会社の信用にもかかわります。
導入するとさまざまな費用がかかりますが、それ以上に導入しない場合の費用のほうが高くつくのです。
部屋自体を清浄化したクリーンルームというのもありますが、クリーンブースはルームに比べて導入コストが安く済みます。
簡単に設置もできますしクリーンルームとほぼ変わらない清浄環境が維持できるため多くの現場で使われています。
ただ、クリーンルームに比べて精密な温度や湿度管理は難しいというデメリットはあります。

クリーンブースのメリットは設置場所が多彩なこと

クリーンブースはアルマイト処理と呼ばれる骨組みに使われるアルミを押し出して形作った物に電解質を与えることで変化させ膜を作りアルミニウムの耐食性と耐摩耗性の向上させた特注の骨組で建てて、その上にビニールで囲い上部に新鮮な空気を入れることのできる小型のファンを取り付ける小型ユニットです。
クリーンブースユニットのメリットは、その設置場所を問わないことです。
これまでクリーンで清潔な空間を作るためには、一つの部屋に特注の機器を設置したり内部構造を大胆に変える必要があるなどコストがかかり手軽に行えなかったことです。
そこでクリーンブースは特注のアルミの骨組を立ててビニールで囲いその上にファンを設置するだけなので、骨組を設置できれば場所を問わずに建てられることになります。
そのことから敏感肌に悩む人には花粉や乾燥の時期においては症状が重い時の避難所だったり、ビニールも特注品で遮温遮熱する物にすれば厚い時には日陰で休める場所として寒い時期には日向に出し温かい空間として使えます。
さらに最も重宝するのが災害時の時であり、それは先に言った日常での避難場所としての使い方以外にも災害時で体に傷ついた時に細菌感染しないような空間を作ることで病気の蔓延や医療がしやすい空間を作ることで完治率を上げることになります。